.

              

.

 ぼくらの共時性 

.4

貝に行け
by そらしま

錬金術絵画法による「4匹のウサギ 06-01」

そらしま 2006年作

(偶然的手法を繰返し得られた、描かれた白ウサギの隣のシャドウとその上の大小の白ウサギ)

.

そらしま 2006年作 

水面のぺルソナ破壊

. 下記の二つのイラストは単なる迷彩柄ではない。一切私は手を入れていない。この中には

「帽子をかぶった婦人像」(左)と「ヒゲの男」(右)が描かれている。

. 男の方は1983年イギリスのTVでの公開実験で使われたものである。何の実験かと言うと

「男の絵」の方が200万人に公開され知られた事によって、新たにこれを見た人々にその描かれ

ているものが「男の絵」だと分かりやすくなる効果があるか無いかの実験である。そのためにま

ったく知られていない「婦人像」と比較された。

. 「他人が知っている事は、知らない人々にとってもそれが分かりやすい深層意識となる。」

という仮説を実験し、これをデータに取るためである。この絵のトリックの放送はイギリスBBC

によりオンエアーされた。この仮説は発表したイギリスの植物生理学者ルパート・シェルドレイ

(Rupert Sheldrake)によりなされたので俗に「シェルドレイクの仮説」と言う。正しくは

「形成的因果作用の仮説」である。

. 

「帽子をかぶった婦人像」(左)と「ヒゲの男」(右)

.

. この仮説によれば過去に知られた事実は簡単には消せない「形成の場」というものを形成

し、僕らの脳の受信機能がそれらを無意識的に受信しており、新たにそれらに出会った時でもそ

の情報を貸してくれ、簡単にその意味が理解されるというものである。

. これはオカルト的にはかなり古代より重視されてきた観念で「アカシックレコード」といわ

れてきた。宇宙には別次元に巨大なレコード盤のようなハードディスクがあり、過去のすべての

記録資源が残されており、僕らはそこから過去の情報を知ることができるというものである。

. だが「シェルドレイクの仮説」ではそのメモリーの物理的実体が何なのかまでは話しが進ん

でいないのだが。

. シェルドレイクは「過去生の記憶を持つ人々」もこの過去帳に記載されたデータとリンクし

ている個性的な人々だと言っているらしい。

. また「輪廻」というものも「自我の生まれ変わり」という宗教的狂信と言うよりも「過去と

のデータの共振」とする理念として考え、この共振はその人の自我が、過去の何者かのデータに

似ている事によって誘発されるとする。つまりこれは、僕らはその時の時点で、過去の一番心の

格好が似ている人に「形成の場」をつかってリンクして人格を形成して行き、その負の遺産も功

徳もかつてのデータを引き継いでいくというものである。

. シェルドレイクは生物の脳を記憶装置とは考えず、一種のTVのような受信機として捉え、記

憶とは「物理的脳の化学変化による変形」ではなく「形成の場」をつかった「過去の自分との交

信、適応」だと考えているらしいのだ。

. 輪廻好きなインド人界から出現した釈迦も、さすがにその社会では輪廻を否定しきれずに

「輪廻からの脱出」を最終目標にした。

. シェルドレイク流にいうとこれは「過去人との情報交換の遮断」を意味しており、あまり高

度に覚醒してしまったので、過去人に共鳴する人材がいなくなってしまった、過去に方向性のな

い事を意味しているかのようだ。

 そこまでいかなくて譲歩しまくりの僕ら凡人の人生が「過去の、ある自我という情報のコピー

からのスタート」という、ひょいっと横丁から現れたような事であるならば、僕らが「過去人と

の通信にのめり込メルトモ」だろうと、「自我という霊が新たに憑依した新しい人体」だろう

と同じ事である。

. なるほど僕らの使っている人間の脳をシュミレートしたパソコンをみれば、インターネット

に繋げなけれはハードディスクに記憶されている情報は、質的にはお粗末で、重いといえば要る

でもない重視しようのないポルノのファイルぐらいで、その知性を外部に依存している一種の末

受信機でしかないのだ。

. 「シェルドレイクの仮説」とは生物の脳もそのような政府無き受信機に過ぎないとする世界

観なのだ。

. 脳だけではない、ちょいと体を見渡せば、僕らの消化器から肺、手足に到るまで、台所とい

う消化補助装置や、植物の酸素製作、自動車や飛行機の超移動装置という外づけの外部機関に依

存していて、僕らという風船は実は穴だらけの内部と外部が繋がった、外へと溶け出してしまっ

ている実体であるのだ。ふむ、これはもう放っとける訳がない。

. この事はハードな肉体機械レベルだけの話しではない。脳というハートを司る機関が扱う心

理面でも、深いところでは外と内が繋がっているという仮説である。

. ユングは個人の無意識の深みに、人類共通の集合無意識があるとし、尚その奥に行くと、心

ともをしている身体ともいえない「類心的領域」を予感していて、そこは僕らと動物の共通の

無意識領で、自然界と直接関係している、自然界と繋がってしまった領なのだそうだ。

. 心の奥底で外の自然とが一気に繋がっているパイプがあるのだ。そこでは最早、外も内もな

一致しているだろう。このような世界観を仏教では「如」としてきた。

. そのようなところで「シンクロニシィティー」は可憐に起きているのだろうか。

 この仮説を「共時性」の原因としてみる向きがある。キャロライン・コイツァー博士は太古よ

り「シンクロニシィティー」の「関係のない複数の出来事の意味のある関連」が度々起る事によ

り、「シェルドレイクの仮説」によって「形成の場」が完成され、現代ではより一層起りやすく

なってきていると考えている。初めは単に偶然だったものが白紙に書き込まれ、度重なる事によ

り「シンクロニシィティー」化したというのである。

. かつて世界は日本人からくり師の飛行機の発明とライト兄弟のそれとは、ほとんど同時であ

った事を後になって知った。このような事は度々古代から世界で同時多発的に起きている。

. 又、生物に限らず物質の世界においても、それまでは結晶化しないと思われていたグリセ

自体が、偶然原因不明で世界同時多発的に結晶化し始めたという有名な事例もあるのだ。

. 今では毎年千を超える鳴りもの入りで作られる新しい合成物質も、初めは結晶化しにくい

が、いったんある形に結晶化すると、あとは容易用意ドンで同じ形の結晶が世界各地で得られ

る事が知られている。

. この事の科学的説明は「おそらく科学者のヒゲにでも着いた分子が世界旅行で広まったのだ

ろう。」というオチにもならないものだが、僕はそれではお笑いにもならないので、ヒゲで始ま

りヒゲで終るというオチにしてみた。

つぎのページ

.

.

.

そらしま 2006年作

亀06-01

.

. 

.